I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


珍しく食べ過ぎた

おなか痛くて苦しいです。

昼ごはん用にかった神戸のトミーズのあん食(あんが練りこまれた食パン)に、
無印でかったラタトゥイユをパスタにかけて平らげて、えんどう豆スナック食って
ハニーローステッドピーナッツざらざら食べて、
マーマイト縫ったドイツパンを食ったその上にりんごとみかん二つ。

朝昼抜いての晩御飯。

苦しいです。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2008-11-16 23:59 | よしなしごと

よつばと!最新刊

早速買っちゃいましたよ。
電車の中で読んでしまいましたよ。
すげー癒された。

登場人物のタッチはめっちゃ単純。
要所要所に差し込まれる、緻密に書き込まれた風景画。
この対比がなんていうか、面白いし、素敵な効果を生んでる。
そんな気がします。

ちゃんとした文章にしてみようかな。
誰かかいてそうだけど。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2008-08-27 22:56 |

モディリアーニ~塩田千春

行ってきました。
作品に対して感じたことを文章にできるほど
今の僕の自意識はとがってないので何も書きませんが。

塩田千春マジよかった。すげぇ。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2008-07-22 23:56 | よしなしごと

久々にがっつり。

遊んできました。こんなフルコースは久々なので
テンション高いうちに日記かいときます。

最近ものんだりのんだりのんだり、祇園祭行ったりしてますが
これだけはやってませんでした。何かって、ドライブ。

朝6時発でがーっと伊勢まで。
外宮眺めて、内宮のあまりの込み具合にそっぽを向いて、
伊勢~志摩スカイラインへ。鳥羽着。

暑かった。

そこでお金払わないでよい海辺を求めて東奔西走。
それはもう約束の地を求めるユダヤの民のごとく。
見つけましたよ、きちんと!!

b0046114_1382965.jpg


蟹いじめたり小魚眺めたりフジツボつついたりフナムシに逃げ惑ったり。
みんな波打ち際でばしゃばしゃして遊んでましたが僕は大人なので
まったり磯に腰掛けて、お父さん満足、てな感じで目ぇ細めてました。

暑かった。

がーーっと伊勢に戻る途中、「天の岩戸」(恵利原の水穴)と呼ばれる
水噴出スポットに立ち寄り。「天の岩戸」と呼ぶには若干無理がある
洞窟からひんやり冷たい水がこんこんと。そこから山を歩くこと
10分、今度は「風穴」と呼ばれる洞窟が。

b0046114_1493390.jpg


山の中腹に何気なくぽっかりあいている穴なのですがこれがまた。
水脈が地下を通っているのでしょう。
ひんやーーーりと涼しい風がここからふきだしてくるのです。
ほんと涼しくて、なんとも不思議でした。そうそう、
ここに行くまでにカエルにヘビと遭遇。神のみ使いか!?

伊勢に戻って弊店間際の赤福総本店に駆け込み。
やっぱ伊勢というと赤福。いろいろあったけどおいしいものはおいしいし。

b0046114_1511951.jpg


以下、追加オプション、これがなかなか予想外に楽しかった。

1、京都で途中下車。ラーメン。(高安行きたかったけど、あまりの
  人の多さに頓挫。かわりに天天有。以前味が落ちたように感じたことがあり、
  印象が悪かったが今日言ってみると十分おいしかった。)

2、鴨川デルタで花火。キティ花火セットについてきためがねで
  光源を眺めると、すべての光がキティちゃんに見えるというスグレモノ。
  今年初花火。

b0046114_1543023.jpg

これはうちの家から見た近所の昨日の花火大会。鴨川デルタとは無関係。
家から見えるって素敵です。

帰還一時。
ようがんばった自分。

夏だ。がっつり遊びたいのでよかったら声かけて。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2008-07-21 01:56

あればいいと思う食べ物。

仙豆。
チャーリーが開発中の、
「一粒で一日必要な栄養が取れる」チョコ。
後、「冷凍フィレの謎仕立て」。

どれも一口で栄養が取れそうなものばっか。
カロリーメイトはおいしいです。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2008-07-02 23:29 | よしなしごと

あれこれ。

ラ・プティット・バンドの公演を予約しました。
デンマークの古楽器アンサンブル。元ネタは16世紀の作曲家リュリのアンサンブル。
リュリは指揮棒で足を貫いてその怪我が元で死んでしまったとさ。
指揮棒で足を貫くなんてずいぶんとまた器用に思えるけど、
ルイ14世当時の指揮棒は、これはこれはでっかいものだったとのこと。
運動会で一等賞の人が抱えるフラッグくらいあるのでは?そんな棒で
どんどん床を突いて拍子を取るのだから、これは間違って足に突き立ててしまっても
致し方ない、そんな感じ。リュリって人は結構恨みを買っていたようで。
それはさておき現代のラ・プティット・バンド。古楽奏法を今ある形のような
はつらつとした演奏手段に転回させた立役者、シギスヴァルド・クイケンと
グスタフ・レオンハルトの二人によって結成されたアンサンブルなのですが、
僕がこのアンサンブルの名前を知ったのは高一の夏でした。
音楽室から借りてきたバッハのマタイ受難曲、指揮がレオンハルト、
オケがラ・プティット・バンドだった。ともあれこの演奏を聴いて
古楽器の音色に目覚めたわけ。なんていうか、尺八みたいな
トラヴェルソの音色にぐっときた。わけです。プレガルディエンの
清潔な歌い方も非常に衝撃的でした。レチタティーヴォというのを
はじめてまともに聞いたからというのもあったかもしれない。
ともあれ、29日木曜日、バッハ、ヴィヴァルディのプログラムは楽しみです。
なんだかシギスバルド、また一風変わった楽器を持ち出して演奏するみたい。
ヴィオラ・ダ・ポンポーザ?初めて聞きました。

参照:寺門戸亮

話は変わります。後輩から一昔前のジャンプラブコメの金字塔、
「電影少女」を借りました。今で言うところの「いちご100%」?
名前ばっかりはいたずらに有名で実は僕は一度も通読したことがない。
あいちゃんて結局、何者?ってか連作短編みたいな感じなのかな?
ってな認識でした。いや、意外にだらだらと長くてびっくり。
後半の心理描写のねちっこさは…「現象を起こしてる」という表現に吹きました。

何の”現象”だよ。

さて。
こんな話をしてみよう。
クマゼミの声がふってくる夏の下校。
五時間目はプール開きの日で、はしゃいで泳ぎ回った
君の足取りはなんだかふわふわとしておぼつかない。その上、
じゃんけんで負けた君は、みんなのかばんを持たされて
生まれたての小鹿のようにぬれねずみになりながら次の電柱を目指す。
もう少しだ。
そう思って顔を上げると、先を行くみんなが道端を囲って
なにやら話している。これ、すげぇよ、まじで!?
何だろう。君が近づくとカズキが振り向き(彼の目は輝き、
こころもち鼻の穴が広がっている、相当興奮しているようだ)
手を招く。こいよこいよ!君はみんなの間から首を出す。
そこにはなんだ大き目の雑誌が打ち捨ててあり、何よりも
紙面いっぱいに広がった、その、裸のおっぱいの大きな…

ウィタ・セクスアリスと行きましょう。
みなさん(男子限定)、幼いころ衝撃的な、てか、心に残ったてか。
もうぶっちゃけトラウマ的に性的な関心を引き起こした何かってありませんか。
はじめてみた裏ビデオでもいい。道端のガビガビのビニ本でもいい。
それとも、漫画のやたらえっろいシーンでも。
あるよね?絶対、あるでしょうてか、あるっていって。

「電影少女」読んで衝撃のシーンにめぐり合いました。
風呂、水着、胸、押し当て。このキーワードでどういうシーンが
展開されているかわかるあなたの童貞力は53万です。
(ちなみに後輩は風呂、水着の2単語で思いついたそうな。)
はい、白状します。あのころの僕はこのシーンでめっちゃどきどきしました。
ていうか、25歳になって再びこのシーンにめぐり合った瞬間、
よもやあのころの甘酸っぱい感情が胸に広がるとは
思いもしませんでしたよ、本当に。あのころの僕をあんなに
苦しめたシーン(10巻の82ページ)が今ここに!!
ちなみにそのシーンが電影少女のものだったなんて、
まったく知りませんでした。

ともあれびっくりしました。まず当時そのシーンにどれだけ衝撃を
うけたかあんなにまざまざ思い出すなんて、思いもしなかった。
いやはや…
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2008-05-25 22:54 | よしなしごと

久々に。

お久しぶりです。えぇ生きてますとも限りなく低空飛行で。
さて、こんなネタを見つけました。

BookLamp.org

ベータ版のサービスです。
どんなものかといいますと。

書籍の内容をパターン分析して、データベース化する。
ほんでもってこのパターンに類似する書籍をリコメンドする。

このパターン分析ですが、

pacing 一文のテンポ
density 文法の複雑さ
action アクション
description 描写の多さ
dialog 会話の多さ

以上の5つを数値化しているようです。
見てのとおり「コンテンツ」をパターン化しているというよりは、
「文体」をパターン化している。

アマゾンのリコメンドの機能が蓄積された消費者行動の
フィードバックであるのに対して、このサービスは
読者の身体的な反応のデータベースであるといえるかもしれません。

ある本の「読みやすさ」はその本の文体に依存している部分が大きい。
ならお気に入りの本に「類似した」文体の本なら、
きっと自分にとって「読みやすい」にちがいない。

ま、一概にそうともいえませんが。

似たようなことをラノベでやったらどないなんでしょうね。
パターン化の軸をキャラに設定する必要はありそうですが。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2008-03-18 23:22 |

あけましておめでとうございます。

無事にあけてしまいましたね。
こなくていいのに。新年。

昨年の末。
みんなが有明でカーニバルしてるような、そんな時。

久々にアンリシャルパンティエ本店に行ってきました。
そんでもってクレープ・シュゼット食べてきました。
テーブル横でグランマルニエをかけてフランベしてくれます。
クレープからジュワっとバターの香りのオレンジソースがしみだして、
さわやかにほんのり苦い後味が消えてゆきます。

久々に甘いものハシゴしてみました。

元町へ。
目指すはピエール・ブランシェ。
なんだかとっても有名なチョコレート屋さんです。
まったりとした甘さ、口どけでもう一粒食べれば満足。
なのですがちょっと変わったものに手を出してみました。
オレンジとみかんの交配種、「クレモンティーヌ」の砂糖漬け。

b0046114_1164121.jpg


金柑の砂糖漬け?そんな感じでした。
ピエールブランシェ、コンフィとかジャムとかにも
結構力を入れているっぽいのですが、(友達にすすめられた
チョコバナナのジャムはそりゃぁもう絶品でした)
見た目の綺麗さでこれはかなり好感度高し。
柑橘類の皮の部分のほろ苦いおいしさ。染み出すあんまい果汁。

人生捨てたモンじゃないって思える一瞬です。
甘いもの口にしてる最中だけは。

それではみなさま今年もよろしくお願いいたします。ってか、遊んでください。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2008-01-01 01:16

みなさまみなさま。

蕨餅は、お好きですか。
え?好きですか?
そらそうでしょうそうでしょう。
我が意を得たり。

僕も大好きですよ!!

でっかいかたまりになってるやつを
ざくざく切って、きなこに黒蜜かけてなんて、
もう最高じゃぁないですか。

さて、ご近所さんに「味樂」っていう
和菓子屋さんがあります。
駅から商店街をちょっと入ったところなのですが、
そこの蕨餅がなかなかにおいしいと聞いて
早速に試してみた次第です。

4個で750円。
京都の「ふたば」や「千歳屋」で
食べてからご無沙汰だった、
あんを蕨餅でつつんだタイプでした。

b0046114_2024750.jpg


ほとんど葛のようにもっちりふるふるした餅の部分と、
あっさりとした粒餡の食感が秀逸です。
こういうタイプの和菓子って
何より歯触り舌触りが大切で、
深炒りでちょっと苦いきなこをかけて食べると、
これはなかなかの幸せに浸れることになります。

千歳屋の野趣あふれる蕨餅とはまた一味違った風味ですが、
ご近所さんにひいきにできそうな
和菓子屋さんがあるってわかって満足です。

洋菓子にゃ不自由せんが、和菓子はやっぱなぁ…でしたから。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2007-12-02 20:03 | よしなしごと

グリルアローンのオムライス。

3連休は京都行ってきました。
いや相変わらずっていわんといてくださいな。
東福寺であった煎茶のお茶会に顔出して、
ほんでもって東京より推参!な友人と実感をあわせて落ち合って。
いやまぁお互い本命ではなかったようなのですが…
友人は「くるり」が好きとのこと、
くるりのジャケット写真に使われているという
「グリルアローン」という洋食屋に行ってきました。

入ったとたん、あまったるいソースのにおい。
「洋食屋」とこのにおいは切ってもきれないのです。
あとで思わず自分に向かってファ○リー○かけたくなりますね。

さてさて、有名なのはオムライスとのこと。
一丁頼んでみました…うわっとぉ。

直径20センチのオムライス。しかも、「もりっ」て感じです。
キタコレ。
スプーンぶっさして、「突貫工事開始!!」です。
引導渡したるさかいおとなしゅうしとれやなぁ。

引導渡されました。

赤くて濃いんです。
見取ってくれた友人に聞いたところによる、
僕の臨終の言葉だそうです。

b0046114_2395515.jpg


麻雀してきました。
途中から集中力が吹っ飛んで、チョンボ。
その後はぼろぼろでした。まぁこんなもんか。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2007-11-25 23:10 | よしなしごと