I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2009年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

面映いものである。

あけましておめでとうございます。

さて、ちょいとお恥ずかしいお話をここでひとつ。

例年元旦は祖父母の家に夕飯をいただきに上がるのだが、これが非常に面映い。祖父母、母方の弟一家でせいぜい10名強の人数しか集まらないわけではあるが、20代も後半になる男性が大勢の前で「ちゃん」付けで呼ばれるのは、もうなんとも。

自分自身も同世代の人間からしたらずいぶんと稚気の勝った人間であることは十重に承知している。祖父母には幼いころから大変お世話になり、学生時分から今に至るまで食客のような風情で入り浸っている以上、いかんともしがたいのではあるが、ついには小学4年生のいとこにまで「ちゃん」付けで呼ばれてしまったのにはどうしたものかと思わずお手洗いに閉じこもって頭を抱えてしまった、というのは大げさではあるにしろ。

「ちゃん」付けで名前を呼ばれるのに漠とした気恥ずかしさを覚えるようになったのは小学校の6年生くらいのころであっただろうか、思い返せばこの時分の少年の自意識に満ちた行動こそはある意味より幼いころのそれよりも、大人にとっては「ちゃん」付けで思わず呼びたくなるようなものではあるかもしれない。そのころの自分を省みて、さて今はどれほどまでに大人になっているかと問われると、これがまたまぁ確かになに言われてもしゃぁないなぁでかくなったのはガタイばっかりだしと肩をすくめられるぐらいは自分を飼いならせるようになってはいると思いたい今日この頃ではある。

そうそう、いとこいとこ。いとこ同士というのは適当な呼称がなく、祖父母が僕の話題を挙げるたびに「ちゃん」づけでよんでいるのをそばで聞いていて、実物を前にしたときもそのまま思わず口にしてしまったものだと思われるが、それにしたって僕が件のいとこの親父さんの名前を呼ぶときは「~叔父さん」とよんでいたものだぞぷんぷん。

このコミュニティーにおいての立ち居地と期待される役回りに関しては当分更新される見込みはない模様である。まぁ実際そんな感じの人間ですからね。

本年もよろしくお願いいたします。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2009-01-02 02:01 | よしなしごと