I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

エレンディラ。

今週はあんま本読みませんでした。
電車の中では寝てばっか、
家に帰ったら「イリヤの空、UFOの夏」。
(非常にうっつーなラノベでした。)
ほんでもってAir見てました。
当初は何この頭悪そうな女の子って感じで
観鈴を見ていましたが、…あれですね。
さすが10年近くもヲタの涙を
搾り出し続けてきた作品です。

泣けました。

いやさすがに肉体的反応として泣きはしませんが。
こうも的確にツボをつかれちゃぁかないません。

あぁでも、新潮にのってた東と桜坂の「キャラクターズ」には目を通しました。それにしても肩肘張ってるなぁ…いや肩肘張ってるっていうパフォーマンスなのか。「肩肘張っている」のが誠実であるための条件みたいに捉えている可能性も否定できないなぁ。ともあれ自分の立ち居地を俯瞰した上で、それを超克するための小説を書く困難さっていうものは非常によくわかりました。

手作りプリン「とあっせ」のプリン食べてきました。
目玉の「芦屋プリン」がなかったので、
「蜂蜜プリン」をお買い上げ。
なんてか値段が素敵に「芦屋」な感じ。
食ってみた。
ふわりとさらりととけてった。
これはもう…
プリンのあのまったりとした味わいも残しつつ、
それでいてこの口解けのさわやかさ。
卵が。ミルクが。もうこれは…

幸せでした。

「蜂蜜プリン」だからカラメルソースではなくて、
「百花」というブレンドの蜂蜜をかけて食べるのでした。
今度はシフォンケーキも買ってみよう。
あぁでも生クリーム用意するのめんどくせぇ…

日曜日、蜷川の「エレンディラ」を見てきました。もう演劇なんて見るの2,3年ぶりなものでどきどきしてました。さて…正直結構厳しいものがありました。僕はマルケス好きという理由だけで見に行ったので、ほとんど同人誌的な感性での物語の扱い方が正直ついていけませんでした。キーワードをちょっとかくと。

「翼」「愛」「永遠」「封印された力」etcetc。

おいおい。
「エレンディラ」以外にも「大きな翼のある、ひどく年取った男」からもエピソードを拝借していたようなのですが…思わずふきそうになりました。

翼人かよ。

エンディングの感動的なはずのシーンでのあのウリセスの必死な羽ばたき具合はなぁ…ちいとも天使だかなんだかの末裔にはみえやしません。てか原作そんな設定ないし。マルケスに感動を求めるとしたらもっと別な形にでしょ。何が永遠を共有するだって。いや僕だって原作至上主義者というわけではないのですが…あまりにもあまりに…なんか中川晃教にスポットを当てるためにむちゃくちゃな切った貼ったを繰り返した感が。そうそう。中川にええかっこさせるために無駄なエピソードを追加しまくった結果、物語がだぶついて時間もめっちゃ長くなってしまっていました。4時間。

いやいや、何とかよかったを探さないと¥12,600をどぶに捨てたような気になってしまいます。これはまずい。よいところももちろんありました。

幕が上がる前のよくわからん光る物体、赤い金魚、挙句の果てにバスタブが宙を舞う。エレンディラが春をひさぐテントの周りはさながらサーカスのごとく大道芸人が集まり芸をする。無情なエレンディラのおばあちゃんは眠ったまま!過去のありえないエピソードを大声で話す。(このあたり柄谷行人の「意味という病」読んでるとにやりとしてしまう。)

なんともいえない悪夢のようなグロテスクでそれでいて滑稽な演出。それこそ見に来たかったものなんですよそれこそ!!ずっとずっとこんな感じの演出を続けてくれればよかったのに。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-09-17 21:49 | よしなしごと

ふぅ。




明日がかならずやってくるって事実に疲れてます。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-09-11 21:37 | よしなしごと

最近。

読書録をそろそろ。
GRANTAをちょくちょく読み始めている。
Monica Aliの"The Dinner with Dr. Azad"とりあえず読了。
正直あまり面白くなかった。何で選ばれたんだろう。
英語の文章で、微妙な表現とか言い回しだとかを
感じ取る力が、あるいは僕には不足しているのかもしれない。
でも何とはなしに作者が念頭に置いたテーマ、
(フェミニズムだとかポストコロニアリズムだとか…)
それら透けて見えすぎる様に感じ、そこらあたりに興をそがれた。
とはいいながらも冒頭の"Tattoo lady"の
なんともいえない存在感は最後までついて回る。
彼女の存在を最初に持ってきたことで、
何か作品全体の「様式」が少し揺さぶられ、
多少なりとも「味のある」短編に
仕立てあがっているのかもしれない。
きちんと英語の文章が読める人が読めば、
もっとこの小説にも面白みを見出せるんだろうなぁ…

さて。立て続けにアニメを見てしまった。
新しいパソコンを買ったのですよ、えぇ。
今までのパソコンは音でない、DVD見れないで、
何のためにおいてあったのか
いまいちわからんような代物だったのですが。
いや、最近のパソコンはええのぉ。
とりあえずハルヒ(地元ネタでうれしい)→
デモンベイン(ネクロノミコンの萌えキャラ化に吹いた)
→ローゼンメイデン(ハンス・ベルメール好きです)、てな感じに駆け足で。
ヲタ化は深く、着実に進行しとります。
誰か助けてください!!

そんな中、柄谷行人「意味という病」読了。
柄谷自身も述べているように、ここに収められた評論は、
基本的に冒頭の「マクベス論」のバリエーションとなっている。
そして「マクベス論」はこの評論集の白眉だとは思う。
柄谷の思考の形は、ある種の強靭な意志の骨ぐみに支えられている。
もうへへぇぇって感じです。
個人的にふと思ったことがひとつ…あまり批評を読まない人間なので、
こういう比較をすることで赤っ恥をさらしてしまうかもしれないが、
柄谷と内田樹の方法論には、非常に似通ったものを感じた。
なんてことを考えているうちに「ユダヤ文化論」にて
内田が小林秀雄賞受賞とのこと。

ほんでもって、ポール・オースター「シティ・オブ・グラス」と「鍵のかかった部屋」。
友人が一人、熱狂的にオースターを支持しているが、まぁ確かに面白い。
ただあまりに実存という問題を、
明示的な文章のうちにさらしてしまっているのが、なんだかなぁ…
僕は彼と同時代の作家なら、ミルハウザーのほうが好きです。

そして昨日、思わぬ収穫を得ました。
「ヘビトンボの季節に自殺した5人姉妹」っていう小説。
存在自体は前々から知っていたし、
ソフィア・コッポラが映画化してるっていうのも知ってたけど、
あまりにあまりな雰囲気に敬遠していたわけなのだが、いやいやなかなかに。
基本的に一人称の語りで物語りは進んでゆくわけだが、
最後までこの"I"の姿は明示的に示されない。ここが結構いいところだと思う。
解説を書いているのはアヴァン・ポップの巽孝之、さもありなん。
ちりばめられた4~50代の平均的アメリカ人の青春群像、
これはきっと日本のおやぢたちも大いに共感できるものではないだろうか。
ちなみにわが親父はこの時代に沸き起こってきた、
例えばプログレッシブなどに違和感を感じ、
少しづつポップカルチャーから背をそむけていったそうな。
物語は5人姉妹の末っ子セシリアの自殺で始まり、
残りの4人の一斉の自殺で幕を閉じる。
巽孝之は衰退して分解してゆくアメリカ社会にあって、
「預言的な語り口をもった」作品と紹介している。
いかにもこれはポップ・カルチャーと時代意識をつなげて味わうという、
ありがちな紹介だとは思いながらも、それが正しいことには全面的に同意する。
aestheticsのかけらがないところがどうにも気に入りました。

今はガルシア・マルケス読んでます。

マジック・リアリズムという言葉があります。
ありそうもない、起こり得そうもないことを
リアリズムの筆致で淡々と描く、
まぁマルケスのために作られたような言葉なわけだが、
それについての南米側の反応が面白い。
「マジック・レアリズムといったとき、きっと普通の読み手は
『マジック』のニュアンスに重きを置くだろう。
だが、ラテン・アメリカにおいてはむしろ魔術的な現実こそが
現実に他ならないのだ」、みたいなコメントだったような。
あれですね。
柄谷読んだ後にマルケス読むといいですね。
夢の中の現実こそ真にリアリズムを帯びた現実に他ならない。
マルケスの奇妙に手触りのはっきりとした神話世界を読み解くのに、
「意味という病」ほど格好のテキストはないように思います。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-09-04 07:31 |