I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

GRANTA。

GRANTA 71 "Young British Novelists 2003"には20人の作家が選出されている。
もともとトップバッターに据えられているサラ・ウォーターズの短編が読みたかっただけなのだが、このたびデイビット・ミッチェルの名前を見つけて早速読んでみて、これがやはり面白かったわけ。そんなわけでもうちょっとこの短編集と真剣に付き合ってみようと思う。10年に一度あまれるこの"Young British" シリーズに選出されることは、おそらく小説家にとって相当なステータスになるだろうことは想像に難くない。10年前、20年前のラインナップを眺めても、そうそうたる大御所の名前が延々と連なっているのだ。編集者のイアン・ジャックによると、出版社やエージェントから推薦のあった、139人の「40歳未満」の小説家の中から20人の粒よりを選出したとのこと。20人の小説家を選出するのは、これは相当大変だったに違いなく、イントロはひたすらその苦労話が書き連ねられている。一人一人の選出の理由まではかかれてはいないが、やはりサラ・ウォーターズは別格みたいで、「だっておもしろいんだもん!!」とでもいうような理由付けに見える。それはそうと同じような企画を日本でぶち上げてみたらどんな感じになるのだろうか。あるのかもしれないが寡聞にして僕はその存在を知りません。知ってたら教えて。ジャンルを純文学に固定してしまったら相当面白くないことになってしまうに違いない。"Young British"に選出された作家のうち、6割が"Oxbridge"(オックスフォード、ケンブリッジ)出身とのこと。なんていうか正しい意味で学歴社会な感じがする。日本でいうと早慶出身が文学賞総なめ、みたいな。編集者もこの点は、フェアじゃないかもってけっこう意識してて、選考委員のOxbridgeの割合はかつてより半減してるから、後輩がかわいいってわけじゃないのです、ごめんやけどゆるしてちょ、てな感じ。3割弱が、イングランド出身ではない作家、そして、いかにも現代イギリス文壇だなぁと思ったのは、移民二世の作家の割合が25%を占める点。かつての帝国の遺産がこんなところに。日本だったらなかなかそうはいかないかも。「アイヌ的」、「沖縄的」あるいは「在日的」文学が目に見える形で文壇の「今」を代表する、なんて形にはなかなかならないだろう。ポスコロなんて言葉が出来上がってから随分経つとは思うのだけれども。とまれ、"Young American Novelists 2007"が出ていたのを思い出し、発注をかけてみました。僕的には"Young American"といわれたら、パワーズ、エリクソン、ミルハウザー、ダイベックなんていかにも柴田元幸若島正な感じのラインナップが思い浮かびますが、そんな感じではどうもない模様。楽しみにしてみます。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-08-23 07:41 |

January Man。

久々のブログ更新です。
あつくてやる気なくてmixiでだらだらと日記ばかり書いておりました。

どこぞの本屋さんの洋書セールでジャケ買いした、
Grantaの”Best of Young British Novelists 2003”をぼんやりと眺める。
グランタという出版社の編集方針はなかなか面白くて、
何か一つのテーマを決めて、それに沿った小説群をピックアップしてゆく。
日本だとちょっと前に筑摩とか国書刊行会がやっていたような。

"Best of Young British ~"のシリーズはなかなか骨太のようで、
1983年版には、イアン・マキューアン、マーティン・エイミス、ジュリアン・バーンズ、
サルマン・ラシュディ、グラハム・スウィフト、カズオ・イシグロ…
なんて名前がずらっと並ぶ。読んだこともない作家も、
どっかで名前は聞いたことがある人ばっかり。

さて以前はその中にサラ・ウォーターズの名前を見つけたわけなんだが、
今回は改めてデイヴィット・ミッチェルの名前を発見した。
そうそう、ナンバー9ドリームの広島在住だっけ、の作家さんです。

ナンバー9ドリーム読んだ時はあの独特のドライブ感のある訳文からつむぎだされる、
シュルレアリスム絵画のような東京像に結構病み付きになった。
(はい、東京住んでみたいですちょっと。)
都会のパラノイア的な悪夢を呼び覚ます文章ということで、
すぐに思いつくのはトマス・ピンチョンなんて人の文章なわけですが。
January Manを読み終わってこれはピンチョンとは違うなぁ、と改めておもいました。

訳文の独特の感触は、原文のもつドライブ感を結構忠実に再現したものみたいです。
主人公の家族との関わり方、子供同士の関係と、最後に出てくる老婆。
ちょっとディケンズの幻視の系譜に連なる人なんだろうな。
ゴシック的な視点でナンバー9ドリームを再読すると面白いかもしんない。

ちなみにGRANTAのページで無料公開されてましたよ、この小説。
http://www.granta.com/extracts/1959

興味ある人はぜひ。
では、また。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-08-15 12:42 |