I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

否定神学の系譜。

ローゼンメイデン8巻なにあれ。薄すぎでしょう。
わかっちゃいるけど買っちゃったたよ兄さん。
ていうかラプラスの魔ってえらい便利なキャラだな。

少し前の本ですが、北田暁大『嗤う日本の「ナショナリズム」』読了。
もともと批評には積極的に手を出す人間ではないが、
「批評的な視座」の獲得には憧れを抱いてはいる。
そんなこと性分ではないのはわかりきってはいるのだが、何か格好いいじゃないですか。
批評を読みたくなるときは大概きまっている。
自分の蓄積してきた人生経験が何となくおもっ苦しく感じたてきたとき、
いつでも思わず批評本を手にとっている。
ある種の批評というものは、僕にとっては一種のナラティブ・セラピーなのです。

本は記号の羅列である。
本を読むという行為は、記号を個人の経験を通じて身体に還元するということ。
もちろんこの「経験」には読書体験も含まれており、
ある本を読むということは別の本を読んだ経験を通して読むということである。
とまぁこんな感じに「読む」という行為そのものに言及すると、
今の僕の思考はひどくありがちな出口のない入れ子構造に陥ってしまう。
こういう「メタ」な視点からとりあえず離れてみよう。
実は「経験」は僕個人にとって「ブラックボックス」であると感じている。
本と「僕自身」の間には「経験」という言語化できない(わけのわかんない)隔たりがある。
このブラックボックスを何とかしないと、
「素直な読書体験」はできなさそうにも思えてくるのだが、
それはそれとして横に置いておくことにします。終了。

本を読んだ、その結果経験を通じて記号が身体性を獲得して、
僕自身のステータスが変化する。
たまさかそれはつまらへん、よーわからんといった感情で表象されることもあれば、
なんだか僕自身のステータスの深いところを揺さぶられるようなこともある。
「うわこの本、この物語、僕のこと書いてるんとちゃうん?」みたいな感情。
ともあれ、これを感じた時にはあのよくわからない「経験」の闇が吹き払われる。
ちょっとだけですが、読んだ文章に贖われるように「経験」が僕自身の「物語」と化す。
誰かが書いたフォーマットにしたがってしか自分自身の物語は再構成されない。

なにこのよくわかる現代魔法(読んでないけど)。

自分の言葉で経験=自分を語ることができない、
そんな僕は読書することによってでしか収支をつけることができない。
これではどうあがいたってあの主体性とやらを獲得することは難しいわけだが、
とりあえず『嗤う日本の「ナショナリズム」』に話を戻してみる。
2ちゃんねるの一部のテキストにみられるものの感じ方の構造を、
歴史的な視点から読み解いていったていう否定神学の系譜。
一部の人々の「どうしてこんな場所にきてしまったんだ?」という叫びにしたがって、
著者は60年代を、70年代を、80年代を再現してゆく。
赤軍、糸井重里、「ギョーカイ人達」を依代に「時代精神」を降霊させてゆく。
その時代精神の、なんというか絶望的なまでの脱力感。
結局この40年間まぁいって見ればサブカルチャーが志向してきたものは何も変わらず、
その行動の様式的手続きが分析対象としては複雑化しただけ。
ほんと、なんでこんな場所にきてしまったんだろう。
いや来てしまったのは僕自身であるはずなのだけれども。

いきなり個人のレベルに視点を落とし込んでいます。
難儀だなぁ…
> 実は「経験」は僕個人にとって「ブラックボックス」であると感じている。
きっとこの辺を何とかせなあかんのでしょうね。

そうそう。La Pierre Blancheの板チョコ購入。税込840円也。
いわゆる70パーセントのハイカカオのチョコレートだったわけだが、
さすが神戸のショコラティエのファンタジスタ(勝手に呼んでます)、
なんていうか、滑らかでまったりとしてて、ちっともとんがった雰囲気が無い。
チョコレートが発酵食品であることを思い出させてくれるような魅惑的な味でした。
最近チロルチョコの「塩バニラ」も好きですが。

『嗤う日本の「ナショナリズム」』、ちょっとウルフの「オーランドー」っぽかった。
いやこれは単なる色眼鏡。

「もやしもん」最近蛍がお気に入りです。ゴスロリバンザイ。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-06-24 05:36 |

囚人のジレンマ。

「囚人のジレンマ」読了。
世界中が立ちすくんだとき、あなたならどうする。

リチャード・パワーズ最新の訳本を手にとって、
たっぷり一週間かかって読了しました。

もういまさらメタフィクションがどうこういってもね。
何がすごいってパワーズの「語りつくそう」とするスタンス。

次の黄金虫はいつ訳されるのかな。
原書で読めたらなぁ…
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-06-13 23:07 |

The Sound and the Fury。

響きと怒り読了しました。
岩波文庫の新版は、懇切丁寧でした。
巻末のフォークナー自身による
「付録・コンプソン一族」があって
はじめてわかることがちょいちょい。

全部で4章仕立てです。

1章、末弟であるベンジーのナラティブ。
2章、長男のクエンティンのナラティブ。
3章、次兄ジェイソンのナラティブ。
4章、3人称の語り。

曲者は1、2章。とりわけ断然1章です。
なにせベンジーはいわゆる発達障害、
端的に言うと白痴なのです。
フォークナーの描写はただでさえ
アクロバティックに写実的で、
「何が起こっているのか」を解読するのがむっかしい。
(邦訳で読んでもぶっちぎりわけわかんないっす)
ましてや認知の主体が白痴ともなれば。
さらに1章、2章ともに共通する特徴があります。

The time is out of joint.

ようするに、登場人物が線形な時間感覚を持っていない。
まぁ「意識の流れ」という手法自体が、
我が愛するダロウェイ夫人を見てのように、
軽やかに時制を超える語りを信条としているわけなのですが、
それにしたって限度があるってもんでしょう。

意識の水面に浮かび上がってははじける
泡沫のような認知から現実をいかに再構成するか。

懇切丁寧な岩波版は、巻末に再構成された
出来事一覧表をのっけてくれているので、
僕はいわばカンニングしながら
フォークナーのテキストにあたった訳なのです。


この1週間風邪でおなかを壊してしまい、
活動限界突破な状況で仕事してました。
ほとんど6時ぴったりに退社できたので、
逆に睡眠時間はたっぷりとれました。
なので今日は元気元気!です。


ネットで「パイレーツ・オブ・カリビアン:ワールズ・エンド」見てたわけなのですが、
パソコンのスペックが追いつかず途中でエラーが出てしまって悲しいことこの上なくて、
おもわずらき☆すた見た自分の最近のヲタ化が加速してるような気がしてなりません。

最近「ゼロ年代」と称されている作家の作品を素直に面白いと思うようになりました。
昨晩は佐藤友哉「水没ピアノ~鏡創二がひきもどす犯罪~」読みました。
「フリッカー式」からはじめる、サリンジャーのグラス・サーガに想を得たらしい
「鏡家サーガ」の第3作なわけですが、感動、じゃないな、打ちのめされてしまいました。
まったくことなる3つの物語が同時並行的に語られてゆき…最後に訪れるカタルシス。
小説なんて加速するモダン~ポストモダン小説郡で使い尽くされてしまっている。
それを痛いほど自覚しながらもなお小説を書こうとする作家には
あこがれ以上の何かを感じてしまいます。


佐藤友哉、おそまきながらオススメです。是非に。


リチャード・パワーズ「囚人のジレンマ」読み方、はじめ。
原書かって30ページ読むのに2週間かかってあきらめたところの刊行でした。

新しいスニーカーが欲しいので買い物に行ってきます。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-06-09 12:47 |

佐藤友哉。

「フリッカー式」「エナメルを塗った魂の比重」ともに面白かった。両方とも最後のカタルシスがいい。

ラノベいいなぁ…
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-06-03 20:01 |

休日満喫。

今日はエヴァンゲリオン見てました。
18話以降、動画サイトでざっと。
リアルタイムではやってたころは、
あんまりに騒がれすぎてたから見ませんでしたが。

いまやらなきゃ。

その後映画にも行ってきました。
「パラダイス・ナウ」。
自爆テロリストに選別された
二人のパレスチナ青年の48時間を淡々と描いた映画でした。

面白かった。

紆余曲折を経て最終的にテロという行為を決意した際に、
主人公の一人は胸のうちを吐露します。

ぐっときました。ただ。

結局は「組織」のコーディネイトが必要で、
なおかつなコマーシャルに利用されてしまうだろうってのが、
まぁ現実なんてそんなもんでしょうが。

フォークナー「響きと怒り」読んでます。
しょっぱなっから狂人のナラティブ。
時間の並列性をはなっから無視してもう何がなんやら。
そんな調子が何百ページも続くわけなんすけど。
勘弁してくれ。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2007-06-02 20:16 | よしなしごと