I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

かるくやばーい。

そんなこのごろ。

時間間隔があやふやなんです。
今日明日昨日が区別つかない、そんな感じです。
単調にローテーションな毎日。
昔がそこまで天変地異に満ちていたかというとそんなわけではもちろんなかったけど、
すくなくともこんなに起伏なくまいにちが淡々と過ぎていかれるとねぇ。
まぁようするに僕自身の感情の起伏が少なくなったのでしょうね。

「ミーナの行進」読み返しました。
普段もっと面倒くさげな小説をしかめっ面しながら読んでるフリしてるので。
やっぱこういうのいいなぁ、と思ってたら谷崎賞とってました。

最近朝の空が秋って気がします。
ね、ちょっと色ちがわへん?

眼鏡っこデビュー果たしました。
片方は完全に伊達で、ちょいと両目のバランスとるためだけです。
でも、あるとなしじゃ随分違いますね。
若干ぼやけ気味な視界がクリアになりました。

夜の芦屋川を山に向かって鴎が飛んでいた。
こんな時間に何しにいくんでしょか。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-08-28 22:06 | よしなしごと

ドライブ。

りんくうのアウトレットに行ってまいりました。
案外長居してしまいました。

海に行ってきました。
なんかこの上なく健康的。
海の名前。
「ぴちぴちビーチ」。
近くには「ときめきビーチ」もあります。
なんか斬新な命名ですね。
海の水は緑色でした。
けっこう光合成は盛んそうです。

そして加太の大阪屋にいってきました。
そうです。
一部の人には忘れがたい蛤事件の大阪屋。
あれから日帰り温泉や貸しきり温泉などを売りにがんばってます。
b0046114_2058439.jpg

素敵な景色でした。
露天風呂良し。

夜の湾岸線はずるいほどの夜景でした。
BGMは川嶋愛。

やっぱりしょっぱい。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-08-20 21:00 | よしなしごと

そうだ、温泉に行こう。

いいですね。
ぽっかりあいたエアスポットな時間。
何しよって考えて答えが「スーパー銭湯」。
なんだか負け思考回路が形成されてる気がする。
花火明けの本日、有馬温泉にいってまいりました。
会社同期女子が案外スリルを求める女達だったことは別の話。
新開地から神戸電鉄に揺られてガトゴトと。
実家近くから山越えのバスが出てるのに、そこはそれ。
夏休みっぽくローカル私鉄に揺られてみたかったのです。
空の色ともくもくの入道雲が見事に夏休みでした。
いいねぇ蝉の声。なんて思えただけでも幸せでしたよ。

フランチャイズを続けるsaigonというベトナム料理やの、三宮店にいってきました。
いやさ、夏休みっていいね。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-08-14 23:30 | よしなしごと

盆休み。

強引にとったに等しいお盆休み。
四国にキャンプに行ってきました。
大砂海岸というところで泳いできたのですが。
いやさ、体力ないね自分。
30分くらいはまじめに泳いでたでしょうか。
おっしゃああそこのブイまで泳ごうぜ、みたいなノリで。
続かない続かない。
海の家に駆け込んで浮き輪を借りてしまいました。
兄ちゃん体力ないねぇ、とあきれられてしまいましたよ海の家のおばちゃんに。
ちなみに海の家の名前は「みっちゃん」といいました。
ちゃんちゃん。

浮き輪は楽でした。
漂うだけでよいのですから。
沖までとりあえず泳いで、後は流されるだけ。
ぼんやりしてると浜辺に打ち上げられて無事帰還、てなもんです。
ぼんやりしてる時間はあえて書きませんが。
人生もこんなだったらよいのに。

夜はおきまりのBBQなのですが、やりすぎてしまいました。
まず食材。
ブレーキ役のH嬢が暑さのためか機能停止してしまいまして、
気がつくと1万5千円分のお買い物。
8人分です。
1人2千円。
次の失敗は、調子に乗って火を熾しすぎたこと。
炭火のはずなのに、なぜかごうごうと炎が上がる。
油断してしまうとカルビ肉が消し炭と化してしまいます。
ごめんよみんな。
それはそうと、焼き物って男の料理って感じしません?
今回は間違いなくそうでした。
焼き役は僕とベアー。
すんませんむさくるしくて。
焼きそばを作りました。
あまった食材すべてつぎ込んで焼いたのですが。
キムチ。
こいつが若干曲者でした。
まだ味薄いで、いけるいけるというヤツの言葉を信じたのですが。
明かりの元で視認すると、キムチ焼きそばがナポリタンに姿を変えてしまいました。

テントは…。
ご家族用5人入りのテントに大の男が5人入るわけです。
若干一人180センチ越えがいます。
若干一人体重?キロがいます。
しょっぱい。
涙って、しょっぱい。

そんなこんなの2日間。
めずらしくオール助手席なドライブはひっじょーに楽チンでした。
ただ。
日焼け止めクリームをぬらなかったせいで、背中がひりひりしております。

こないだは半日本を読んで過ごしました。
若干趣向を変えて、小川洋子の「ミーナの行進」。
ド地元が舞台です。
歩いて数分です。
「和菓子屋さんの向かいのお肉屋さん」とか、毎日通っています。

いいですね、地元が舞台の小説って。
僕が生まれる前に亡くなったばあちゃんがそろえてた細雪。
どこぞの「風の歌を聴け」の鼠がすんでたり。
最近ではラノベの涼宮ハルヒが小学校前の高校に通ってたり。
とりあえず思いついたところでこんな感じ。

「ミーナの行進」では、Aというケーキ屋のマドレーヌが出てきます。
定番ですね。
地元民としては、Bのシュークリームだしてくれと思ったりもしますが。
最近食ってねぇなぁ。
そういや「はり半」という、地元の看板料亭が店を畳んだそうです。
さびしい限りです。

友人が本格的に作曲家デビューを果たしました。
小品や編曲は何作か手がけているのですが、
きちんとまとまった組曲の作曲は、はじめて?のはず。
めっちゃよかったと思います。いや、普通に。
おめでとう。
ひょっとしてこのブログ読んでたら恥ずかしいと思うので、このぐらいで。
きちんとお祝いしたろうな、みんな。

兵庫県立美術館で、アルベルト・ジャコメッティ展見てきました。
もじゃもじゃの描線と、スレンダーな鋳造が楽しかったです。
いや、パンフみて想像してた以上にもじゃもじゃでした。
ほんでその後食ったわらびもちと白玉あんみつは絶品でした。

ウィトゲンシュタイン論理哲学論考についに手をつけはじめてしまいました。
どんなものだか。
結果についてはきっと、the rest is silenceな感じでしょう。

ま、そんなこんなで今から友人たちと花火してきます。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-08-13 19:21 | よしなしごと

ゲド戦記~~~。

みてきました。
いやもうコメントやめといたほうがいっすね。
突っ込みどころ探すとこまってしまいます。
ゲド戦ってないじゃんとかうわアレン殺し文句キターーとか。

唯一の救いはやたらと多く感じた旅シーンが素敵だったこと。

あとは…あとはあれですよ、ツンデレ。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-08-06 21:45 | よしなしごと

備忘録。

1、東京は涼しかった。
2、五反田はガラ悪かった。
3、恵比寿にあるわが社は若干オサレに見えた。
4、上野のプライス・コレクションはえがった。
5、若冲を客寄せに使ったと思える学芸員の狙いは良い。
6、メイドさん萌え~~
7、F女史に中目黒につれてってもらった。
8、アナゴのてんぷらうまかった。
9、水戸も涼しかった。
10、水戸女子高生多すぎ。
11、てか夏休みちゃうのんあんたら。
12、多少運転荒いぞM。
13、帰ってきたらあつかった。
14、とってもとってもあつかった。
15、地獄のようにあつかった。
16、海遊館いった。
17、魚は良かった。
18、水槽系は若干活き易そう。
19、最近は透けシャツを着て乳首を見せるのがちょい不良らしい。
20、今月のレオンはテラクオリティタカス。
21、岡本の甜蜜蜜でひさびさに晩飯食った。
22、最近のギャルはおばあちゃんの集団を「おばあちゃん系な人」というらしい。
23、かなりうけた。
24、仕事が死んでた。
25、勘弁してマジで。
26、めっちゃ稟議書書きまくった。
27、会社uzeeeeeee。
28、経営計画立てて軒並み前年比ダウンしてた。
29、コーヒーの見すぎでトイレではいてた。
30、,9からのだめコンサートの存在を知らされた。
31、ぎゃぼ。
32、一週間ひたすら十時半。
32、とりあえず明日出勤しますが。
33、淀川の花火大会言ってきますが。
34、あの、とりあえずあついのですが。

読んだ本たち。
カブレラ・インファンテ「神聖な煙」
ガルシア・マルケス「枯葉」
鷲田清一「ちぐはぐな身体」
カズオ・イシグロ「わたしたちが孤児だったころ」
綿矢りさ「インストール」
ドミニク・ノゲーズ「人生を完全にダメにするための11のレッスン」。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-08-05 01:08 | よしなしごと