I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2006年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

つくづく

ホリエモン楽しい。見ててうらやましい。
つくづく、あーゆー純粋な人がうらやましい今日この頃。
会社の上司の年賀状に、「がむしゃらに、純粋に」とかかれてたけど、
読み返すたびにホリエモンのツメノアカでも煎じて飲みたい気分になってくる。
いや、これマジよそこの皆さん。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-01-24 23:55 | よしなしごと

お金がない。

1、預金残高を見てちょっとあせった。 
  こんなに使ってたっけ。
  と、思い返してみたら年末年始の交際費、
  合計でゆうに10万超えてそうな目算。
  そらお金なくなるよ、あんまバーゲンいってないのに。
  だれか僕の財布を管理してお願い。

2、今後の身の振り方を話しあってる友人を後ろに、
  今日の午前1時過ぎ、鴨川沿いをぶらぶらしていた。
  北山から吹き降ろす風は冷たいが、
  それでも1月のこの時期にしては寒くない。
  そんな時、肩を並べるFがふとつぶやくに、
  「いったいどこで人生を間違えたんだろう」と。
  今までの人生航路を眺めていると、確かに現在の立ち位置を
  左右するような選択がいくつかあったような気がするが、
  選択の結果を判断するにはまだ時期尚早な感がある。

3、のだめカンタービレ14巻購入した。
  Sねぇがいつぞや言った通り、のだめにはまってゆく千秋がかーいい。
  そしてモンテヴェルディ・ガラ聞きに行けなかった。
  休日出勤フォーーーーー。

4、それはともかく、ちょっと考えたことがあるので、一つ。
  Fの考え方であるが、「選択に失敗があった」ということから、
  「今後の選択については失敗しないようにしよう」
  というフィードバックの機能を持っている点がちょっとうらやましい。
  自分の人生の捉え方を言語化してみると、つくづく幼い。
  「現在とは、過去の持つ複数の可能性の、実現された一つでしかない。」
  そんな確信が常に僕のものの見方には寄り添っているような気がする。
  過去に遡及すればするほど、自分たちが持ちうる選択肢はその幅を広げる。
  ようするに僕は過去という単語の持つ、未分化のイメージに固着しているわけだ。
  これから実現させていくべき未来の可能性よりも、
  実現されなかった過去の可能性のほうにリアリティを感じてやまない。

5、幼児気質といおうか、退化願望といおうか。
  ま、常に人生に逃げ腰なだけですけど。

6、こんだけわけのわからん文章うだうだと書き綴っているところをみると、
  どうも色々とたまってそうな気もする。

7、該当者で見てる人いないかもやけど。
  卒団オメデトウ。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-01-15 23:07 | よしなしごと

あけましておめでとございます。

自慢ですが、末富の花びら餅食った。

b0046114_23592934.jpg
もともと道喜さんが天皇に献上して、今は裏千家、だったっけか、
初釜で出されるお菓子となっている。
最近結構色々な和菓子屋さんが作っているのだが、
なにせ1月1日限定商品!(だったと思う)
しかも末富さんのそれとなればもうめちゃくちゃレアである。
これ食ったらメタルキング仲間にしたって感じですよ。

感想。
結構お餅が肉厚。
道喜さんのヤツは、お餅がほんとに薄くて、
調整してからほんの少ししかもたない、
あったかいうちにさっとやっつけなくてはならないとの噂だが、
これは執行猶予が1日ほど与えられているだけに、
ちょっと肉厚に作ってあるのかもしれない。
そして花びら餅といえば、甘く煮たゴボウと味噌餡の絡み合い。

絶品。

どーしてゴボウがこんなに上品な味に変わるのでしょう。
爽やかな甘さの中にも野趣あふれる土の香りが立ってます。
それを包み込む味噌餡の精妙な加減といったらもう。

和久傳さんの和菓子で、「西湖」というものがあるが、
これは蓮根からつくった、粽、なのかな?
いずれにしろ花びら餅にしろ西湖にしろ、
どういう発想がああいう無骨な原材料を、
こうも繊細な和菓子に変えてしまえるのだろう。
素敵な謎だ。

花びら餅、京都のばーちゃんちで出してもらいました。
お土産に「あんたの好きなもんやでぇ」と渡してもらったものを
家に帰ってうきうきしながらあけてみたら、良い具合にこなれた

鮒寿司

が、一匹丸々入ってました
うわすっげえにおい。
いや好きだけど。
僕一人でこれ食えっていうのかい。

ってなわけで日本酒買ってきます。
(下宿時代ならみんなでポン酒パーティーとかできたのに)

それはそうと、今年も一年よろしくお願いいたします。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-01-02 00:33 | よしなしごと