I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2005年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

「私が君に言いもしないことに反論しないでいただきたい」

「ガレッティ先生失言録」より。

18世紀の実在の教授の授業における失言を集めた本です。

そのほかにも。

「教師はつねに正しい。たとえまちがっているときであっても。」

「ホメロスが書いたのは、まだ文字がなかったと十分の根拠を持って断言できる時代である。」

「神は不死である。かかるがゆえに、死なない。」

「見えないので目で見ることの出来ない物体がある。」

「水は沸騰すると気体になる。凍ると立体になる。」

抱腹絶倒。



頭の中で考えていることは、正しい。

理路整然と美しい。

実際に言葉にしてみるとまぁ、なんてかたいがい支離滅裂。

コミュニケーション能力の不足っぷりってか、

そもそも言語化能力が根本的に不足しているような自分であるけど、

だからこそこの本を読んだときとりあえず安心して笑えるっていうか?



著者のガレッティ先生、今ほど各々の学問分野が専門特化していない、

百科全書的な時代を生きていた教授だそうです。

博覧強記でならしてる先生、ちょっとあれあれってな場面も多かったようで。

先生の死後、弟子たちがまとめたのが(ついでにちょっと捏造したり)

このガレッティ先生失言録。

肝心の学問的業績は今にはまったく伝わってないようです。

ま、そんなこたぁどうでもよい。

こんな失言録があまれるほど、先生みんなに愛されていたっぽい。

特に「授業風景」の項を読んでいると、こんな先生に教えられたいって思いますよ。

きっと。



池内紀の日本語訳はきっとまちがいなく絶品です。

さいごにお気に入りの失言を一つ。

「平行線の理論は自明の理というべきである。

なぜなら、論じても平行するのみで永遠に交わらない。」
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2005-09-19 20:18 |

今日も一日。

アツかった。

車戻ったら茹で上がりそう。



んで。

会社戻ってテキトーに見積もりつくって。

外でたら。



秋でした。

More
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2005-09-14 23:14 | よしなしごと

アンジェラ・カーター「ワイズ・チルドレン。」

結構このところはまっていたりしまして、

色々語ってみようとするけれども、

なかなか文章を形に纏め上げられない

(ないしそういう言説で自己を制限してしまっている)

わけなのですが、まあそれはそうとして

語りの断片というか、これから

ちょっとした言説に成長してゆきそうな

(それはいつのことかはわかりませんが)

原型みたいなものをつかみかねているような、

そんな微妙な気持ちで3度目のテキストへの

アンガージュマンを試みてみようと思っていますが、

うわぁ、適当な文章だこれ。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2005-09-10 22:03 |

ある問題があります。

この問題を成立させている論理そのものにいちゃもんをつけると、その問題が消滅したかのように感じます。いいねぇ。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2005-09-07 22:32 | よしなしごと

こわかったよぉぉぉぉ。

最近マクドで昼食が多いんです。

油のしみこんだ、

ふなっとしたポテトが、案外好きです。

今日もマクドでした。

月見バーガーの季節です。

あれ、僕、好きなんすよ。

………。

それはともかく。

バリューセット食ってました。

ポテト食ってました。

揚げすぎてちょいと黒っぽい、そこはご愛嬌。

ふと視線を感じました。

隣の女の子がじっと、じぃぃぃっと、

ポテトを食べる僕を見ていました。

うわ、見られてるよ。

そんな感じ。

女の子の前にはお母ちゃんが座ってました。

がふがふてりやきマックにかぶりついてました。

女の子は、手を伸ばし、ポテトをとろうとします。

「食うな!!!」

………、へ?

お母ちゃん、食うなって……?

「子供が食うと、あかんねん。

体悪すんねん」

そういいながらお母ちゃん、

自分ではさくさく食ってます。

女の子、じいっとこっちを見てきます。

「ほら、人の見んと、これでも飲んどき」

お母ちゃん、女の子にコーラを渡しました。

お母ちゃん、コーラって子供に飲ませていいん?

カフェインはいってんで?

骨とけんで?

ええのん、お母ちゃん?

女の子、黙ってコーラを飲み始めました。

でもこっちをちらちらちらちら。

こわかった、いろんな意味で。

More
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2005-09-02 23:17 | よしなしごと

よくないねぇ。

最近、人と眼を合わせる元気がありません。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2005-09-01 22:17 | よしなしごと