I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「構造は居住可能」。

バルト読んでます。
上の一節に深く感じ入りました。

いわく。
恋愛をする人は、周りの人間が、契約関係に結ばれた
実用的でかつ情動的な小体系に属していると感じるという。
しかし、自分だけはその体系に参与していない。
結果、恋する人は周りとの関係において、所在のなさを感じることになる。
恋する人は、周囲の人間が構築する構造にこそ、居住の可能性を感じるわけ。

「構造とは居住可能である。」

なんでこんな一節に惹かれたんだろう。
もちっと考えたいと思います。
構造の中で居住するということは、本質的に受動的であるということ。
きっとこのあたりがポイントになってくるかなぁ。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2006-03-14 00:52 |
<< イメージとしての未来と…… 日曜出勤。 >>