I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


24日営業所は閉所になりました。

リチャード・パワーズ「舞踏会へ向かう3人の農夫」読了。
何とか単語をスキャンし終えた、という程度。
とてもとても「読めた」とはいえない。

2005年12月18日の最終ステージで伊吹先生は、唐突に指揮を中断した。
音楽人生の最後のハイドンのミサ曲、終曲dona nobis pacemの前の休符であった。
不可逆の音楽の中に生じた無時間的なエアポットに落ち込んだ我々に、
伊吹先生は訥々と終曲の歌詞が標示するところの、平和への希求を語った。
伊吹先生の80年の音楽人生に参加できたような気になれた人も多かろうと推測する。
かく言う僕もその一人である。起きられて良かった。

小説のディーテールを自らに還元してこそ、小説はその意味を立ち上げる。
ディーテールを読み込むという行為はまったく個人的なものである。
それはこれまでの自分の人生をあらたに組み替えてゆく行為に等しい。
てかなに言ってるかわけわかんねぇ。

また「舞踏会へ向かう3人の農夫」は改めて読んでみます。

最近自分の口唇期への固着の度合いが案外重そうだということに気づいたわけだが、
それはそうと若島先生訳の「ロリータ」を買った。

Lolita, light of my life, fire of my loins. My sin, my soul. Lo-lee-ta:
the tip of the tongue taking a trip of three steps down the palate to tap,
at three, on the teeth. Lo. Lee. Ta.

若島先生のアクロバットに期待してます。
(難易度トリプルAを演じてても気づかないかもやけど)
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2005-12-25 19:51 | よしなしごと
<< orz クレマン・ジャヌカン・アンサンブル。 >>