I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


talking it over


ね。
ちょっと、話しておきたいことがあってさ。
ほかならぬ君だから話すんだよ。
ああ、かといってそう妙な顔をしなさんな。
まぁ、実際のところたいしたことがあったわけじゃないって。
だれだってなんかしらぶっちゃけたいことの2つや3つ持ってるだろ。
いつまでも黙ってるとだんだんと澱のようにわだかまって。
ぐっと反芻して、思わず吐き出しそうになる。
ま、それでも飲み込むわけなんだけど。
牛みたいにね。
そう。
牛って食べたものを吐き出しては咀嚼するんだろ。
なんでまた、そんなことするんだろね。
ちっともおいしくなさそうなのにね。
でも、きっと牛には牛の事情があってのことなんだろうな。
牛のすることは牛のためには必要条件なんだろ。
牛が牛であるためには草を吐き出しては噛み締めなくてはならない。
草を吐き出しては噛み締める動物は牛。
ん、なんか変な感じがしてきたよな。
そもそも、何で牛の話になったんだっけ?
あ、ああそうか。
僕が牛みたいだって自分でいったんだったよな。
失敬失敬。
話を変えよう。
最近車を運転することが多くなってね。
あれ、いいんだわ結構。
もともとドライブとか好きなんだけど。
なんでって、自分の空間を持ったまま好きな場所にいけるしね。
外に出たいときにだけ外に出たらいい。
可動式の引きこもり部屋ってわけ。
僕は深々といすに座り込む。
そして、ちょいっとアクセルを踏みこむだけ。
あとさ、下手に接触しないように、こそこそっとミラーを覗き込む。
ハンドルを切る、ブレーキを踏む。
大切なのは、距離感をつかむこと。
気をつけなきゃならないのは、それぐらいかな。
あとは周りの景色が流れてく。
気楽なもんさ。
そんな感じで一日も流れてゆく。
え、そんな話聞くつもりはなかった?
ぶっちゃけ話って何よってか?
あ、ごめんごめん。
すっかり忘れてた。
ここだけの話ね…おっとごめん。
もういかなくちゃ。
そろそろほら、ね、わかるだろ。
ごめんってば、なんだか悪いことをしたね。
べらべらと僕ばっかり喋りまくってしまって。
え?
いつものことだって?
言われてみりゃそうだね。
そっか。
じゃ、またな。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2005-10-08 02:20 |
<< ヌーヴォー・ロマンのよいところ。 文学史を塗り替える研究論文? >>