I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


Lolita.

Lolita, light of my life, fire of my loins. My sin, my soul. Lo-lee-ta: the tip of the tongue taking a trip of three steps down the palate to tap, at three, on the teeth. Lo. Lee. Ta.



この文章の中に、Lolitaの名前が組み込まれているのがわかりますか?

主人公は文章の上に、彼女の姿をこういう形で作り上げているのです。

"Lolita"は、主人公の告白文の態をなしています。

彼は記憶をたどり、言葉をつづることによってロリータの思い出を形にしている。

ある意味この最初の一文は、この小説を凝縮しているとも言えるかもしれない。

いいすぎです。



ナボコフという作家は、いわば言葉遊びが大好きな作家です。

一事が万事、この調子。

言葉による仕掛けが、いったいどこに散りばめられていることやら。

なかなか邦訳するのが大変そうな作家です。

来年、米文の教授が新訳を出されるそうですが。

期待してますよ、Wせんせぇ。



書きたいことがまとまらねぇ。

とりあえずこんな感じで。
[PR]
by vanitas-vanitatum | 2004-12-14 01:12 |
<< 馬鹿がいるよ~~。 見ちゃった。 >>