I would prefer not to
by vanitas-vanitatum
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カテゴリ
全体
よしなしごと
音楽

VW
未分類
以前の記事
2011年 08月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 01月
2010年 11月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 05月
2008年 03月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 11月
2006年 10月
2006年 09月
2006年 08月
2006年 07月
2006年 06月
2006年 05月
2006年 03月
2006年 02月
2006年 01月
2005年 12月
2005年 11月
2005年 10月
2005年 09月
2005年 08月
2005年 07月
2005年 06月
2005年 05月
2005年 04月
2005年 03月
2005年 02月
2005年 01月
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
フォロー中のブログ
リンク
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


リヴァイアサン

ひさびさにゆっくり翻訳文学読みました。
オースター。

つくづくすごいもんですね。読み終わってからしばらくの間、
目の焦点があってなかったような気がするきっと。
この内容を緻密に日本語に置き換えてゆける柴田元幸も、
今更ながらほんまにすごい。

喫茶店でなかなかにとんでもないシロモノを口にしながらの読書でした。

厚めにきったポテトを上げたと思いねぇ。そこに塩をさっと一振り。
山もりのバニラアイスをどんどん重ねて、エイヤとばかりにキャラメルソースをかけまわす。

うん、周り見まわしたがそんなオーダーしているのは僕だけでした。

・どんがらなる和太鼓ユニットの公演を聞いてきました。

かっこよかった。どんこどこどこどこ叩いているのに、
たたずまいはあくまですっとしていてまったくぶれない。
ザ・いなせな男の後ろ姿。
メンバーの一人が柳宗理の娘さんだって聞いてびっくりしたのは別の話。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2011-08-08 00:26 |

伊藤計劃 ハーモニー

なんとはなしに読了。
2年ほど前にikuさんに貸してもらって読んだ時にはいまいちだなぁと思った記憶があるのだが、
改めて読み返すとディーテールがとんとんと体になじんで、とても面白かった。

虐殺器官といい、伊藤計劃が作りだすラディカルな社会状況、
反ユートピアには奇妙な説得力があり、存分に魅了された。
主人公たちの名前、変だけど。

ってふと伊藤計劃でぐぐったら、ちょうど昨日付けで
2010年のフィリップ・K・ディック特別賞を受賞していた模様。
本賞ではなく、"special citation"。
過去の受賞作品には、ニューロマンサーなんてものが上がっていたり。
きっと非英語圏の作家がノミネートされること自体珍しいのだろう。

つくづく早逝がおしまれる。

あ、たいがいみなさんご存知と思われますが、仙台在住でした。
先の地震でも無事でした。よかったよかった。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2011-04-24 20:24 |

和菓子づいた土日

だったのでとりあえず記録。

・山形の腰掛庵。

酒饅頭と蕨餅がうりの喫茶処ですが、
いちごわらびなんぞという変わり種が大層よかった。
いちご大福に、おもちの代わりに蕨餅を使ったと思いねぇ。

原型と、黒文字でうまく切れたので切断面アップ。

・蕎麦屋二か所はしご。

初めてそばがき、なるものを食べた。
これがまた大層そばの香りがたってとてもよいものだった。

・仙台の売茶翁。

友人にお菓子を贈ったのち、一週間頑張った自分へのご褒美(笑)用に生菓子選定。
蓬餅、桜餅に心ひかれたが、「のんこう」なる侘びた名前の生菓子購入。
黒胡麻のお菓子とのことだが、ごまのしつこい香りが一切しない上品な味。
中は甘いおもちが入っています。

そんな週末。
b0046114_1852168.jpg
b0046114_18521790.jpg
b0046114_185226100.jpg

[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2011-03-06 18:52 | よしなしごと

佐々木中「切りとれ、あの祈る手を」読了。

佐々木中「切りとれ、あの祈る手を」読了。
この本、件の界隈では結構よく売れているらしい。

なんというか、切りたい対象も言わんとすることも
よくわかるような気はするのだが…
文体が確信犯であるか否か、確信犯であったとしたら
なぜこういう文体を取らなくてはならなかったのか、
ちょっとそちらのほうが興味がある。

個人的に「あんま好きやない」文体で、
多くの人にそう思われることを前提として「やらかしている」感じがする。
僕の感性がズレてる可能性もありますが。
5部のうちの1部のその半分くらいを読めば、
まぁ言いたいことはだいたい理解できるような文体とだけ書いときます。

気がついた。
特に、攻撃したい対象についてのこきおろし方が
下品なところがちょっといちばん好きやないかも。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2011-01-23 18:24 |

ばかにはみえないにちようび

土曜日23時半に帰宅。
就寝。7時起床→洗濯。
8時半再度就寝。
12時半起床。カップラーメン。
14時半就寝→19時起床。ばんごはん。
21時就寝→2時半起床。シャワー。
3時就寝→7時半起床。

かえして!日曜日をかえして!!
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2010-11-16 00:32 | よしなしごと

首と腰が痛い

動物の鳴き声に目覚めさせられた。
もそもそと布団からおきだしてみると、枕元にハムスターが2匹いた。
小さい。手のひらに2匹とものってしまうサイズだ。
2匹とも白と茶色のぶち模様。白がちあのと、茶色がちなので区別はつく。
ちち、ともにゃおう、とも区別のつかないなんともいえない泣き声でさえずりあっている。
寝返りを打ったときによく下敷きにしなかったものと、ほっとする。

机の上に載せて観察する。
2匹でちゃうちゃうさえずりあっている。
部屋を眺めて、買い置きの柿の種を与えてみる。
(信州わさび味、ちょっと辛いヤツだ。)
目の前に置かれた柿の種をしげしげとながめて、
2匹でぱりぽりぱりぽりとかじりだす。
自分で与えておいてなんではあるが、辛くないらしい。
たべおわって2匹ともこちらに向き直る。赤い目と黒い目。
ちゅいちゅいとさえずるところを見ると、もう一粒ほしいらしい。

目が覚めた。部屋中がハムスターにうずめられている。
ちゃうちゃうちゃうちゃう、黒い目赤い目黒い目赤い目。
足の踏み場もない。思わず布団の中で身を堅くして・・・

そんな夢を見ました。
おきたら寝違えて首がずきずき。

3連休の中で5食めん食った、さておき、
ちょっとしたストレス解消をしていました。
カルミナ・ブラーナ歌ってきたのです。
どんな曲かというと、限定解除状態で緒戦から卍解!
といえばわかる人にはわかってもらえるのではないでしょうか。

もう合唱団も百数十人いるので、
ばれないばれないとAとかHとか叫び放題。
(ほんまはいかんのやけど)。
運営さんありがとう。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2010-01-11 20:47 | よしなしごと

連休

本日はかけうどん一杯と、「雲竜」という村雨餡が素敵な
俵屋宗達さんの和菓子まるまる一本ですごしました。
和菓子ってなんぼでも食えてしまうから、
ほかに何もいらなくなってしまう。困った。

西尾維新「きみとぼくの壊れた世界」読了。
どう考えても萌え萌え~なキャラ萌えセカイ系小説なのだが、
どのキャラ作りにもしっかりと落とし穴が用意されている。
この底意地の悪さが西尾維新の作家性の真骨頂だな、と思ってみたり。
病院坂さん見たさに思わず続刊を大人買いしてしまった人がここに。

ぼつぼつ読みつないでる「カラマーゾフ」がいよいよ大詰め。
ドミトリーとアグラフェーナの二人にはどきどき。
・・・いたるところに、「ほらほらここポイント!試験に出ますよ」
ってな感じのドストエフスキーさんのウィンクがちりばめられてて楽しい。
心にとどまったシーンがひとつ。
ドミトリーが検事に予審を受けるシーンがあるのだけれども、
彼の視点に沿って語りが進む中、ふと焦点がずれる一説がある。
前振りとして、どちらかというとモブキャラの検事の容姿が
つらつら書き連ねられていたのだが、
それがこの一節で妙なリアリズムを持って立ち上がる。
予審を受けているドミトリーの意識が、まったく何の予兆もなく
ふとその場を離れて、検事が指に嵌めている宝石に吸い寄せられ、
それをぼんやりと眺め続けるのだ。

こういう、一見何の関連性もないが妙に説得力おある
エピソードがあるとないとで、小説の味はずいぶんと変わってくる。
たとえば「武器よさらば」のフレデリックが、キャサリンの出産の際に
猛烈な空腹感を覚え、しれっと朝食に向かったりするシーン。
これもリアリズムをもった違和感を沸き起こす代表的シーンだと思う。
簡単に言えば「そんな場合じゃないのになんかそういうことってあるよね」
という、妙な卑近さが、ぐっと登場人物とわれわれを近づけてくれる・・・
様な気が、したりしなかったりする今日この頃。

ほしくてほしくてうずうずしていた靴を買ってしまう。
ぽてっと感が最高の、Space Craftのチャッカブーツ。
オンオフどちらでもいける。はき倒す。
b0046114_151667.jpg

[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2009-12-28 01:05 |

自堕落渡海

帰宅→12時→買い置きの胡桃をむさぼる→風呂→就寝が1時半。
起きたのが15時。仕方がないので買い置きの胡桃をむさぼってまた就寝。
気がついたら21時。仕方がないのでパスタをゆでてめんつゆとマヨネーズで和えて食べてぼんやりとしたのちに就寝。
やべぇこれ鬱じゃねえのってくらいによく眠る子です。よく育ってます。
本日も社畜やってやりました。
帰宅途中のKAOPANで買ったビーツのパンができる子です。
ほんのり甘い生地にしょっぱいチーズ。わかってるねぇこのこの。
b0046114_21392886.jpg

[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2009-12-20 21:39 | よしなしごと

庭園鑑賞会。

大学合唱団の定期演奏会聞きにいってました。
同期がなぜかオケ指揮デビューー!?
突然決まったとのことですが立派に振り切る姿に
柄にもなくじんときました。おつかれさん。

とてもよかったです。
ていうかハイドンのミサは鉄板です。
超歌いてぇ。

帰りに家の近所でおでん食いました。
http://www.rakuzen.biz/index.html

いつかいってやろうと狙ってたのですが。
ていうか初おでんだったのですが。

どう考えても変り種満載で、面白いもん食べさせてもらいました。

おまかせコース。
大根 → 蓮根 → 牛すじ → わかめ → 里芋(柚子味噌添え)
→ たまご → もやし → 焼餅きんちゃく

わかめ!?とかもやし!?とかとってもおいしかったけれども。
量が多すぎておなかいっぱいで・・・しんど。

今度行くときはもうちょっと量減らそう。
[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2009-12-13 22:49 | 音楽

食パン一斤

金曜日か土曜日に買って、土日で食べきるのがマイブーム。
推奨トッピングはクレイジーソルトとかオリーブオイルとか、
ほかは胡桃のっけて素焼きにするのも好き。

今週はポールの食パンで保守の方向。

それはそうと、目が合ってしまったのでこんなヤツ買ってしまいました。
ちょっとばっかし可愛がってやる予定。
b0046114_2350675.jpg

[PR]
# by vanitas-vanitatum | 2009-12-12 23:50 | よしなしごと